FC2ブログ

4月から地元メンバーが継続して運営(家族の会青森)

3月15日(日)
家族の会青森を開催。
初めての方1名を含め10名の参加でした。

簡単な自己紹介からはじまり、
テキストの読み合わせ、分かち合い、
今回はGAメンバー当事者の体験談、
家族の自助グループの紹介とあわせて
自助グループのデモミーティングをしました。

分かち合いでは、
ギャンブル依存症のことを家族の会で初めて知った。
自分の問題に向き合うことに気づいた。
家族会につながりピンチをチャンスに変えることができた、
まだ苦しくなるけれど正直な気持ちを言える。
家族の会に参加して元気になれる、
GAメンバーのお話しは、経験者として同じ境遇の人の中で
止め続けることが家族にも実感として分かりやすかったなど、
皆さんから前向きな発言がたくさん聞けました。

初めて参加された方は、1月に問題発覚、
当初は混乱したが、行政への相談から家族の会を知って参加した、
早い段階でギャンブル依存症の話を聞けて幸運だった、
まだスタートしたばかりだが仲間の経験が必要と思えた、
これからも参加して問題に向き合っていきたいと
嬉しい感想が聞けました。

最後に、家族の自助グループの紹介をして
デモミーティングを体験、
全員で手をつなぎ『平安の祈り』をして
閉会となりました。

依存症問題は
「最初につながる場所」どこにつながるか…という事や
私たちの役割が重要であると実感しました。

4月から家族の会の運営を
地元メンバーが継続することになり、
私たちも引き続き協力していこうとなりました。

群馬県在住 大沢


青森202031  青森202032

タフラブを伝えよう タフラブ・キャンペーン
高知東生と田中紀子が依存症についてわかりやすく語る「たかりこチャンネル」




スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment