FC2ブログ

多くの方に関心いただきました(家族の会福島)

3月1日(日)
「ギャンブル依存症問題を考える会」との共催で
「発達障害と依存症」の講演を開催しました。
講師に宮川医療少年院法務教官 守谷泰弘氏を招いて、
発達障害と依存症の関わりについてなどを学びました。

コロナウィルスでイベント等が自粛される中での開催でしたが、
約90名の参加者の中には
医療関係者、行政、援助職の方々21名の参加もありました。

また、講演の前後には時間を設けて、
守谷氏による個別相談も行いました。
こちらも8人の相談がありました。

発達障害と依存症が関わっていた場合、
家族はどっちに焦点をあてて理解したらよいかを学べました。

「自立」とは、「経済的に自分でやれること」ではなく
「人に助けを求めることが自分でできること」が印象的でした。

昨今、「依存症」だけでなく
いろんな所で聞く「発達障害」にも
多くの方が関心あることに気づかされました。

「依存症」「発達障害」
どちらも家族が関わり方を学ぶのは大切だと感じます。 

福島県在住 M


福島202032  福島202033

福島202031

タフラブを伝えよう タフラブ・キャンペーン
高知東生と田中紀子が依存症についてわかりやすく語る「たかりこチャンネル」




スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment