FC2ブログ

私たちに必要な場所(家族の会鳥取)


1月18日(土)19日(日)
鳥取県米子市・鳥取市で開催しました。

1月18日に米子市ふれあいの里にて、
家族の会を開催しました。
新しい方2家族3名と
継続して来られている方々との
今年初めての家族の会となりました。

続けて参加されておられる方々は、
「今までとは違った行動ができた」という
具体的な内容を分かち合ってくださいました。
ずっと相手の借金や嘘や行動に囚われていたけど、
相手にやりたいことや言いたいことを我慢するなどの
自分側の行動が少し変えられたというお話は
とても頼もしく、また希望を感じました。
会うたびに元気になって笑顔が増えていくという
ご家族の変わりようは
私たち自身も経験しているからこそ嬉しさもひとしおです。

初めて参加された方が最後に笑顔で
「自分の人生、やりたいことをやっていいんだということが
わかって嬉しくなりました」とお話されたのが印象的でした。

皆さん、いろいろケースは違うけど、
家族はまず元気になることが大切ということを
実感した一日となりました。

翌19日は高齢者福祉センターでの開催、
鳥取会場も少しずつ人数が増えて、
新しい方もお1人参加がありました。

ここでも「数か月我慢したけど我慢しきれなくなって
最後にやってしまって後悔した」などという正直な話に、
みんな自分の事のように笑っていました。
数か月も止められたのはすごいという拍手とともに。

同じ経験をしているからこそ共感できるエピソードです。
状況があまり変わっていない方、
今は大丈夫な感じの方、
いろいろですが、
ギャンブル依存症は完治しない病気だからこそ、
継続して参加していただければと思っています。

どちらの会場でも最後に
デモミーティングを体験してもらいました。
正直に話す場所があることや
自分の居場所があることの大切さ、
少し前に繋がった私たちが感じてきたことを
少しでも伝え続けていければと思っています。

大阪府 上野


鳥取202011  鳥取202012

鳥取202013

タフラブを伝えよう タフラブ・キャンペーン
高知東生と田中紀子が依存症についてわかりやすく語る「たかりこチャンネル」




スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment