FC2ブログ

「家族のできること」についてテーマミーティングを行いました(家族の会山梨)


12月8日(日)
第39回 山梨ギャンブル依存症家族の会

快晴の小春日和のなか
7家族10名で行われました。
今回は「家族のできること」について
テーマミーティングを行いました。
感想はご夫婦で来てくださった方に頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家族会に参加させていただいて、
今日で3回目でした。
夫の長い長い話を辛抱強く聞いていただき、
ありがとうございました。

当事者だけでなく、
家族の回復も長いプロセスを経ていくのですね。
再発が絶望を意味しないこと、
やめていたからこそスリップがあるのだ、
という見方には、
励まされたり勉強になったりしました。
施設に入ることへ抵抗の経験も、
身につまされました。

家族会とラインは私にとって命綱です。

(C)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上です。
今回は、先行く大先輩の方に来ていただいて、
厳しいけど暖かい言葉をたくさん頂きました。
ありがとうございました。

山梨県在住 世話役 望月


山梨201912

タフラブを伝えよう タフラブ・キャンペーン
高知東生と田中紀子が依存症についてわかりやすく語る「たかりこチャンネル」




スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment