FC2ブログ

家族会の必要性を強く感じました(家族の会新潟)

9月21日(土)
家族の会新潟が開催されました。
初めて参加された方2名を含め、
14名の参加でした。

初めに、『ギャンブル依存症回復のガイド』を読み合わせし、
各々最初繋がった頃を振り返りました。
その後、各々家族の現状を話してもらうなか
先週東京で行われた
「全国ギャンブル依存症家族の会総会」に出席した
当会のメンバーから、
回復された施設入寮者の話に励まされ、
先への希望を感じた事など明るい話に、
皆さん聴き入ってました。

今回ギャンブラーに、
ギャンブルと重複した発達障害、他の病気を抱えている家族から、
どう対処したらいいか、困惑している現状をお聞きし、
メンバーの家族で最近同じようなケースで
医療機関に繋がった方がおり、
経験から的確なアドバイスをしてあげていました。

初めて参加された方には、
我々も不安で押しつぶされそうで同じだった事を伝え
『家族相談会』の参加を提案しました。

会終了後もメンバーが、
初めて参加された方を囲んで、
和やかな雰囲気でした。
少し表情が和らいだように感じ、
今日のこの勇気ある一歩から、
つながり続けて欲しいと思いました。

話題になった、NHK『あさイチ プレミアムトーク』
ゲストおおたわ史絵さんの母親の鎮痛剤の依存症の話の中で、

【家族が回復時期にすべき事】

①正しい知識をもつこと
②家族の回復の体験談を聞くこと
③仲間をつくること
④自分をよくすることに集中すること、自分が変わること
⑤徹底してやってみること

依存は違えど、"すべきこと"は、全く同じですね。
すごく分かりやすく励まされました。
そして、この『家族の会』の必要性を強く感じました。

今、苦しんでいる方が、一人でも繋がってくれることを願います。

新潟県在住 高野

新潟201909

タフラブを伝えよう タフラブ・キャンペーン
高知東生と田中紀子が依存症についてわかりやすく語る「たかりこチャンネル」





スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment