FC2ブログ

「ギャンブラーを手放す」というテーマで(家族の会山梨)

第36回 山梨ギャンブル依存症家族の会
9月8日日曜日、残暑厳しい中、
初めて参加された3家族5名、
回復施設の職員1名、
継続して参加されている県内外の仲間9名の
計15名で行われました。

初めての方にはピッタリのテーマ
「ギャンブラーを手放す」で、
会が始まる前から和やかながらも
熱いトークで盛り上がり、
初めての方も話しやすい雰囲気になったと思います。

初めて参加されたご家族は、息子さんの借金問題、
ご主人が定年後に問題発覚したことなど、
辛い苦しい不安な気持ちを打ち明けてくださいました。

家族として色々知識を身につける事、
ギャンブラーは家族と一緒にいるよりも、
手放してあげることの大切さと、
当事者は当事者に任せる(責任を持たせる)、
夫婦でも親子でも自立してもらう、
家族が回復する事で
当事者の回復にも繋がるという事をお話しました。

回復施設の職員の方の熱い話しを聞く事で
気づきを頂く事が出来て有り難く思います。

今日は初めての方が家族会に参加して
繋がって頂けて嬉しかったです。
これからも一緒に回復していって
笑顔を取り戻しましょう。

山梨県在住 幡野


山梨201909

タフラブを伝えよう タフラブ・キャンペーン
高知東生と田中紀子が依存症についてわかりやすく語る「たかりこチャンネル」





スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment