FC2ブログ

行政の方から力強いメッセージをいただきました(家族の会長崎)

9月15日(日)
秋晴れの三連休の中日でしたが、
いつもの仲間たちが元気に集まって来て
家族の会長崎の定例会が開催されました。
今回は、初めての方の参加は無く、
行政から1名、近県の家族の会のメンバー2名を迎えて
9名での開催でした。

参加したメンバーからは、
「日頃活動している中で、悩んで相談に来られた方に質問されて、
うまく話せない。自信がない。」という声が出ていたので、
行政の方への紹介も兼ねて
「ギャンブル依存症家族向けハンドブック」を読み合わせました。
自分たちの経験を分かち合い、
照らし合わせながらハンドブックを読み進めてみて、
「何を伝えるのか」が頭の中で整理されたように感じます

読み合わせ後は行政の方との情報交換となり、
「行政への相談者を自助グループに繋ぐことを目標にしている」との
力強いメッセージをいただきました。
率直な感想や要望が語られて、今後の活動のヒントになりました。
今後も行政との連携を深めながら、
お互い補完し合って県の依存症対策が進んでいくとうれしいです。

閉会後、総会に出席していたメンバーが帰宅途中に駆けつけてくれて、
楽しく報告を聞きながら、今年度の活動について打ち合わせをしました。
今月も充実した定例会になりました。

福岡県在住 鹿田



長崎201909

タフラブを伝えよう タフラブ・キャンペーン
高知東生と田中紀子が依存症についてわかりやすく語る「たかりこチャンネル」





スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment