FC2ブログ

仲間の「希望の物語」に涙して(家族の会福島)

6月22日(土)
家族の会福島が開催されました。
私は、3月に家族会が主催したタケトワークへの初参加がきっかけで繋がり、
今回は3回目の出席でした。

一つの課題をクリアーすると、さらなる試煉が与えられるのは世の常・・・?!
5月は、夫と二人で人生初の脱出劇を体験しました。

病院へ相談に通う両親への反発から、
息子の暴力がエスカレート・・・
もみ合う夫を必死で引き離して、
車に飛び乗り二人で避難しました。

偶然にも翌日は家族会の例会の日。
まさに、タケトさんが言うSerendipityです!

夫は息子との修羅場のさなかで一瞬、
もう終わらせるしかないと思ったかもしれません。

共依存の親子カプセルの行き着く先は、絶望の物語です。
でも、家族会の仲間は、希望の物語を私達に話してくださいました。

仲間いわく、
「今は回復を目指している息子に、ありがとうとメールしたの。
あなたのおかげで素晴らしい仲間と出会い学んでいます。
今、九州に来てるよって(笑)」

私も「希望の物語」を共に生きて行きます。
家族会の皆さん、タケトさん、本当にありがとうございました!

福島県在住 hana


41117.jpg

タフラブを伝えよう タフラブ・キャンペーン
高知東生と田中紀子が依存症についてわかりやすく語る「たかりこチャンネル」





スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment