FC2ブログ

あっという間に時間が流れました(家族の会宮城)

11月24日(日)大崎市で開催された家族の会宮城に参加してきました。回復施設に繋がるまでの本人と家族のやりとりに第三者が間に入って説得したケースを視聴しました。今回は他県からご夫婦で参加されたメンバーがいて、ここに繋がるまでの経緯や今の気持ちを話してくださり分かちあいをしました。その後、回復施設に家族が繋がった仲間が話をしてくれました。ご夫婦が作ったりんごをお土産に持って来てくれてたので御馳走になりなが...

家族の対応eラーニングで(家族の会福岡)

11月26日(火)家族の会福岡に参加させて頂きました。初めて参加されたご家族が2組おみえでした。不安な日々を過ごされたお話に、私達家族が重なり、胸が痛みました。お子さんを守りたいお気持ちが、溢れるように感じられました。・「ギャンブル依存症家族あるあるリスト」・「では家族はどうしたらいいの?」一緒に読み合わせをしたあとメンバーの体験談と「ギャンブル依存症問題を考える会ホームページのeラーニング」を使い家族の...

大きな期待が持てた地元での輪(家族の会青森)

11月23日(土)『ギャンブル依存症セミナーin青森』後に開催された第2部「本人の会」は、3名の参加者がいて、皆さんセミナーの内容がわかりやすくて依存症に対する意識が高まったとおっしゃっておりました。また、今回をきっかけに新たな仲間が加わって欲しいと皆さん仲間の重要さが伝わったように感じました。同じ日の夜にも別会場で当事者の自助グループがあり、セミナーに出席した3名全員で正直な分かち合いをする事が出来ました...

回復施設のDVDを見ました(家族の会群馬)

11月24日(日)家族の会群馬を開催しました。参加者は9名でした。午前中は冷たい雨が降っていましたが、 午後は晴れ、 2時より始まる家族会へ向かう途中で見た イチョウ並木の黄色の葉が 暖かい光を浴びて輝いて見えました。冷たい雨の中にいる自分が暖かい家族会に向かう自分を暗示している様に感じた瞬間でした。今日はDVD鑑賞から始まりました。回復施設グレイス・ロード第1回フォーラムのDVDから、劇団グレース・ロード初公演「...

広がれ青森家族の会(家族の会青森)

11月23日(日)家族の会青森を開催しました。地元メンバー3名、初めて参加された方、御夫婦3組と女性1名 、東京から4名、合わせて14名の参加となりました。家族会に先立ちミニセミナーも開催され、多くの方が参加されました。そのなかで、昨年から参加されているメンバーは、今回初めて来られた方々に、ご自身の体験をお話しされました。それは、私たちが青森に伝えたいメッセージそのものでした。正しい知識と対応の仕方。青森で確...

一緒に成長出来たら(家族の会奈良)

11月24日(日)今日は家族の会奈良に参加しました。本日の参加者は6名で初参加の方が1名おられました。ご家族のギャンブルの問題等の悩み事を打ち明けられた事で少し体が楽になったと言われました。私も息子のギャンブル問題が発覚した当初、誰に相談しても理解されず、相談すればするほど人間不信になった事を思いだしました。こうして同じ問題を抱えた仲間と出会い、いろんな悩みを相談出来た事は私にとって幸運でした。今日初参加...

仲間の体験談で勇気をもらいました(家族の会東京)

11月23日(土)今回は神奈川の家族の会でご活躍されている仲間に熱く体験談を語って頂きました。依存性という病気を認識するまでにいかに当事者である息子さんと家族が苦悩の中もがき続けてこられたか、依存性だと分かってから回復施設へ繋ぐ道のり、そして回復プロセスを自分達家族が実践し続けている現在の歩みまで、時系列に沿って分かりやすく届けて下さりました。話しの中身には当会が用意している「やってはいけない行動」盛り...

嬉しい瞬間(家族の会茨城)

11月17日(日)家族の会茨城を開催しました。参加が3名だけで淋しく感じながら近況報告などしていましたら、少し警戒したように、不安そうな表情で女性が入って来られました。病院から紹介されて来ましたとの事。早速、会の冊子やリーフレット等をお渡ししました。「マンガでわかる ギャンブル依存症 家族介入編」の読み合わせをして共依存と尻拭いについて話し合いました。私達も共依存という病気であること、夫婦であっても借金...

セミナー開催しました~対応策と回復策を学ぶ~(家族の会福島)

11月16日(土)会津若松市に於いて「ギャンブル依存症問題を考える会」との共催で、福島県民間団体支援事業「依存症って何だろう」を開催しました。家族の会福島ではいつもは郡山市での開催が主ですが、今回は地方で開催しました。ギャンブル、ネット、ゲーム依存症についての理解を深めてもらおうと、ギャンブル依存症問題を考える会代表田中紀子氏、アスク依存症予防教育アドバイザー佐藤良樹氏に対応と回復について話をしてもらいま...

できることをできるペースで!(家族の会長崎)

11月17日(日)家族の会長崎を開催しました。今回は、新しい方の参加はなく、メンバー6人が集いました。懸案になっていた、会のこれからの活動について話し合うことができました。ひとつは、啓発カード作成にあたり、会で電話を所持する案について。問い合わせや相談の窓口として機能的に維持できるよう、さらに検討を重ねることになりました。会の1周年記念フォーラムについても家族として、何が聞きたいか、何を発信したいか、時間...